<< 法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信) | main | 16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市〔地域〕(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)

 鳥類の祖先である始祖鳥は、羽ばたいて飛べなかったとする論文を、英国などの研究チームが14日付の米科学誌サイエンスに発表した。始祖鳥の推定体重と、化石に残された羽根の軸の太さなどから、始祖鳥の翼では体重を支えきれず、木の枝から地面へ滑空するしかできなかったと結論付けている。

 研究チームは、ジュラ紀後期(約1億4000万年前)の始祖鳥と、始祖鳥の次に原始的な鳥類である孔子鳥(こうしちょう)(約1億年前)の化石を分析し、現在の鳥類と比較した。始祖鳥などの風切り羽根の長さは変わらなかったが、長さに対する羽根の軸が非常に細かった。

 それぞれの翼がどの程度の荷重に耐えるかを調べたところ、現在の鳥類は体重の6〜13倍に耐え、羽ばたく激しい動きに対応できる強度があったが、始祖鳥(推定体重276グラム)は体重の0.55倍、孔子鳥(同500グラム)は0.39倍しか支えられないことが分かった。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「始祖鳥などは大胸筋が十分発達していないため、羽ばたき能力は低いとみられていた。羽根の軸に注目して分析した手法は画期的だ」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
<科学の発見>ネアンデルタール人:ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析
<科学の発見>化石:アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で
<科学の発見>雑記帳:高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬
<科学の発見>恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
<科学の発見>雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元

スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞)
電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)
女性頭部に殴打の跡=殺人で捜査本部設置−鶴見川遺体事件・神奈川県警(時事通信)
パロマ中毒事故 元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 皇居・宮殿でカンボジア国王歓迎行事(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 12:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬サイト
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理無料相談
探偵事務所
携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカード現金化
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    道隆 (01/02)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    ヘッド (12/08)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    俊之 (12/04)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    機関棒 (11/25)
  • 火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)
    れもんサワー (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM